男性ライター

髭原人が高学歴で医者を目指したって本当?なぜライターになったのか理由を調査!

髭原人さんといえばパチンコ・パチスロ情報誌”でちゃう!”の看板ライター。
特徴的なあご髭と、ふんどし一丁裸一貫という奇抜なスタイル(最近はほとんどふんどし姿は見かけませんが・・・)で一度見たら絶対に忘れない印象的なライターさんです。

 

メディアへの露出も多く、特に自社のYouTubeチャンネル”でちゃう!webちゃんねる”には頻繁に出演されているので、パチンコ・パチスロ系動画を観る方で髭原人さんを知らいない方はほとんどいないのではないでしょうか。

 

さて、そんな髭原人さん、現在のキャラクターからはあまり想像がつきませんが(笑)、実はかなりの高学歴で、何と医者を目指していたことがあるとの噂も・・・

 

そこで今回は髭原人さんの学歴から、パチンコ・パチスロライターになった経緯まで、気になる情報を調査しました。

髭原人は頭が良い?出身高校や大学はどこ?

残念ながら出身高校や大学を特定することまでは出来ませんでした。
敢えて推測するのであれば、出身地が千葉県とのことなので、高校は千葉県内だった可能性があるということくらいでしょうか。

髭原人さんに限ったことではありませんが、パチンコ・パチスロライターの方々は学歴をあまり公表されていないケースが多いようですね。
学歴を売りにするような職業でもないですし、余程ネタになるような話でもなければ公表することはほとんどないのかもしれません。。。

 

ただし、ななプレスさん(https://nana-press.com/)の”エキスパート-業界の流儀-”というインタビュー記事で、高校時代に医学部への指定校推薦をもらっていたというお話をされていたので、頭が良いというのはほぼ間違いなさそうです。

 

医学部の指定校推薦枠が与えられている高校ともなると、一定以上の学力がある高校であることは明白です。
また、その中で推薦枠を勝ち取ったわけですから、あくまで推測にはなりますが、学校内でも上位の成績を誇っていたものと思われます。

 

動画を観ていても、台の魅力や面白さを伝えるのが群を抜いて上手な方だなあ・・・という印象はありましたが、髭原人さんのセンスが良いだけでなく、元々の学力が高かったのですね。今さらながら凄く納得しました(笑)。

髭原人が医者を目指したのは本当か?

学歴の話の際にも少しだけ触れましたが、医者を目指していたのは事実です。

 

子どもの頃の夢に”医者”と書いたのが事の始まりなのだそう。
子どもが”お医者さんになりたい!”と言うのはよくある話ですが、実際に医学部に進学したのですから本当に凄いですよね。

 

最終的には医学部に進学した髭原人さんですが、実は先ほどの指定校推薦は落ちてしまい、浪人してからの医学部進学だったようです。
ちなみに指定校推薦を落ちた理由は「合格余裕だろうと舐めきっていた」から(笑)。

 

そして、その浪人時代にスロットと出会い、現在に至るまでスロッター人生を送られてきたわけです。

 

さて、浪人生活を経て医学部に入学した髭原人さんですが、大学は中退します。理由は当然スロット。
何と国家試験2か月前に”スロットで食っていく”と決意したそうで、この破天荒加減はもう今の髭原人さんそのままですね(笑)。

 

医者のような社会的地位は当然ないかもしれませんが、金銭面だけでいうと今では想像もできないような額を稼ぐことも可能だったであろう当時のパチンコ・パチスロ業界。

 

若い頃の勢いと言いますか、趣味を仕事にして生きていきたいというのは誰しもが考えること。特に、髭原人さんに至っては昔からスロットが上手かったことは容易に想像できますので、この道に進む決断をされたのでしょう。

 

とは言え、医者になる道を捨ててまでこの業界に進んでもらえたおかげで、筆者含む多くの髭原人ファンが、日頃から面白おかしく動画を拝見できるわけですから、”本当にこの業界に来てくれてありがとうーーー!!!”という感じです(笑)。

髭原人がライターになった理由は何?

髭原人 (@higenjin) | Twitter

 

大学中退後、スロプロとして生計を立てていた髭原人さん。
その髭原人さんがライターになったのは、ズバリ”パチンコ屋で今の会社の編集長にスカウトされた”から。

 

今の”でちゃう!”の前身は名古屋に拠点があったtriple a出版というイベント会社なのだそう。
そのtriple a出版が関東に進出する際、有望な若者をパチンコ屋でスカウトして回っていたようで、その時目に留まったのが髭原人さんだったということですね。

 

過去に髭原人さんは結構な構成人数のいわゆる軍団に所属しており、髭原人さんだけが軍団を抜けて出版社に就職することには賛否両論あったようですが、最終的には晴れて?業界人となったわけです。

 

紆余曲折あってライターになった髭原人さんですが、名前の由来も気になりますよね。
ビジュアル的に”髭”が付くのは分かりますが、”原人はどこから来た!?”って思いませんか?

 

髭原人と言う名前はご本人が自分で考えたそうです。
しかも編集部員としての名刺を作る際、編集長から「3分で名前を考えろ!」との命を受けて(笑)

 

肝心の名前の由来ですが、

”髭”は当時から髭を生やしていたから
”原人”は昔から虫歯や病気をしたことがなく、好き嫌いもなく、何を食べても大丈夫な所が原人のようだったから

だそうです。(笑)

 

この発想力には本当に脱帽です。
ほとんどの人が日常生活を送る上で”原人”なんていうワードを使うことはないでしょう。
それを3分で引っ張り出してきて、しっくりくる名前にしてしまうんですから・・・やはり髭原人さんは天才ですね(笑)。

髭原人のこれまでの経歴まとめ

では、最後に髭原人さんのこれまでの経歴をまとめていきたいと思います。

 

プライベートな経歴に関しては明らかにされていない部分が多くありますので、髭原人さんの年齢(今年41歳)と編集部歴が今年で20年目(twitter情報より)という情報から逆算して推測しています。その点だけご了承ください。

 

【高校卒業~大学入学まで】

1998年(18歳):高校卒業、志望大学は残念ながら不合格・・・浪人生活へ

1999年(19歳):浪人生活、この頃スロットと出会いドハマり

推定 2000年(20歳):某大学の医学部に入学

 

大学中退~現在まで

推定 2002年(22歳):スロプロになることを決意。大学を中退する。

推定 同年:上野のパチンコ屋で当時のtriple a出版 編集長からスカウトされ、同社に入社

???~現在(今年で41歳、勤続20年目):でちゃう!web編集部 課長職

 

何が一番驚いたって、課長さんだったのですね!
年齢を考えると全く持って不思議な話ではありませんが、自ら実践動画に出演されまくってる方が管理職だったとは・・・
そこはこの業界独特なのかもしませんね。

 

ここまで”でちゃう!”の髭原人さんについてご紹介してきましたがいかがでしたしょうか。
印象的なキャラクターと面白いトーク、そして何より動画からでも伝わってくるパチンコ・パチスロ愛に溢れる業界屈指の名ライターさんだと思います。

 

規制や遊戯人口の減少など、あまり良いニュースのないこの業界ですが、そんなムードを吹き飛ばすくらい、これからもパチンコ・パチスロを盛り上げていってもらいたいですね!

 

お読みいただきありがとうごいました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。