女性ライター

元SIR候補生の八重樫あたるがアイドルを目指した日々と病魔との闘い!

八重樫あたるのwiki的プロフィール!

八重樫あたる - 株式会社ガイドワークス
八重樫あたるのWiki的プロフィール
  • 名前:八重樫あたる(やえがし あたる)
  • 出身地:千葉県佐倉市
  • 誕生日:1991年8月6日
  • 血液型:O型
  • 身長:164cm
  • 体重:52kg
  • スリーサイズ:85-58-90(Dカップ)
  • 特技:バレーボール
  • 所属:フリー

パチンコオリジナル実践術等でお馴染みの八重樫あたるさん。

 

専属ライターと思わせる位、雑誌企画などで活躍されていますがガイドワークス所属のフリーライターのようです。

 

八重樫あたるさんと言えばヒキ弱だけど当たる~と言うキャッチコピーの自己紹介が有名です。

 

他のライターも八重樫あたるさんのキャッチコピーをマネするくらい有名で明るく元気な八重樫あたるさんらしさを前面に出し、語呂やテンションをあげる為にも良いキャッチコピーだと思います。

 

ライターネーム由来はパチンコであたると言う言葉は縁起が良いと思い付けたそうで、もしかすると八重樫は本名の可能性もありますが、本名は公開されていません。

 

また、このライターネームで名前を間違えられる面白いエピソードがあります。

確かに見えなくはないし、ライターさんは特殊なネームが多いので聞くのも勇気がいりますw

 

また先輩ライターのかおりっきぃさんからは名前負けしていると厳しめのツッコみを受けていたこともありましたwww

アイドルを目指し・・・ライターへ

八重樫あたるさんは日本人の父さんとタイ人の母さんの間に生まれたハーフだそうです。

 

凄く美人で目立ちがハッキリして日本人離れしていると思ったら、日本人とタイ人のハーフで国籍は日本国籍だそうです。

 

八重樫あたるさんの父さんがアメリカで日本料理店をやりたいと言うことで八重樫あたるさんと両親で渡米しますが、小学6年生の時に両親が離婚することになり、父さんは日本へ母さんと八重樫あたるさんはアメリカで新たなる生活をすることになったそうです。

 

しかし八重樫あたるさんはアメリカでの新生活に馴染めず最終的に日本にいる父さん家族のもとで生活するようになります。

 

思春期で難しい年頃でも両親の離婚と文化の違う国での生活は本当に大変だったと思います。

 

大人でも上手く馴染めない人もいるので当時小学生だった八重樫あたるさんにとって衝撃的であり人生の大きな挫折と言うか良い意味、勉強になったと思います。

 

中学時代に部活でバレーボール部に所属し、頑張って千葉県佐倉市の大会で最高3位になったそうです。

 

帰国し大変だった八重樫あたるさんにとっては、日本や地域、学校や同級生と馴染むと言う意味では充実した学生生活だったようです。

まるまる on Twitter: "#318サイバー #サイバースパーク上野 #八重樫あたる #番外編 #SIR元7期候補生 https://t.co/UKgnqWDslD" / Twitter

2009年に上京しあっとほーむカフェでメイド働き始めた八重樫あたるさん。

 

八重樫あたるさんのルックスと愛嬌があれば、かなりの人気があったと思われます。

 

従業員の間で卒業後にアイドルになるのがカッコいい!と思われていたそうで2011年にメイドを卒業し地下アイドルとしてデビューした八重樫あたるさん。

 

数回ライブをこなすものの、なかなか上手く行かなかったそうで直ぐに見切りをつけたそうです。

 

地下アイドルは今でも沢山いて歌って踊れる可愛いなどは当たり前の世界だと思います。

 

そんな中で、人気アイドルになれる人たちは一握りですし、運が悪ければ望まない仕事や危ない関係などもありそうです。

 

なので大半は長く続かないと思います。

 

その後、八重樫あたるさんは運命の出会いをすつことになります。

 

それは2012年にスロット専門店はアルバイトを始めたことです。

 

当時の八重樫あたるさんはパチンコもスロットも未経験だったそうで、単純に時給の良いバイト感覚だったと思われます。

 

恐らくこの頃から少しずつパチンコ・スロットをするようになったと思われます。

 

この後、アルバイトを辞め老人ホームで働き始めた八重樫あたるさんですが、老人ホームに馴染めず直ぐに退職してしまいます。

 

無職になった八重樫あたるさんは昔の夢であったアイドル趣味のパチンコ・スロットを生かせるユニットSIRに2017年に応募、7期生オーディションを受けます。

 

このSIR出身の人は業界でも有名で湯川まいさんや成田ゆうこさんなどが活躍されています。

そんなSIRの最終選考まで残った八重樫あたるさんでしたが落選してしまいます。

 

ちなみにキャッチコピーの引き弱だけど当たる~は当時から言われて明るくノリの良さは今以上だったかもしれませんw

 

結果としてアイドルになる夢が叶わなかった八重樫あたるさんですが、SIRオーディションの成果もあってか専属では無いもののパチンコオリジナル実践術に拾って貰う形になり、ライターして活動することになります。

 

その後、雑誌等メインで活動し現在に至る。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。