男性ライター

髭原人が高学歴で医者を目指したって本当?なぜライターになったのか理由を調査!

髭原人は頭が良い?出身高校や大学はどこ?

残念ながら出身高校や大学を特定することまでは出来ませんでした。
敢えて推測するのであれば、出身地が千葉県とのことなので、高校は千葉県内だった可能性があるということくらいでしょうか。

髭原人さんに限ったことではありませんが、パチンコ・パチスロライターの方々は学歴をあまり公表されていないケースが多いようですね。
学歴を売りにするような職業でもないですし、余程ネタになるような話でもなければ公表することはほとんどないのかもしれません。。。

 

ただし、ななプレスさん(https://nana-press.com/)の”エキスパート-業界の流儀-”というインタビュー記事で、高校時代に医学部への指定校推薦をもらっていたというお話をされていたので、頭が良いというのはほぼ間違いなさそうです。

 

医学部の指定校推薦枠が与えられている高校ともなると、一定以上の学力がある高校であることは明白です。
また、その中で推薦枠を勝ち取ったわけですから、あくまで推測にはなりますが、学校内でも上位の成績を誇っていたものと思われます。

 

動画を観ていても、台の魅力や面白さを伝えるのが群を抜いて上手な方だなあ・・・という印象はありましたが、髭原人さんのセンスが良いだけでなく、元々の学力が高かったのですね。今さらながら凄く納得しました(笑)。

髭原人が医者を目指したのは本当か?

学歴の話の際にも少しだけ触れましたが、医者を目指していたのは事実です。

 

子どもの頃の夢に”医者”と書いたのが事の始まりなのだそう。
子どもが”お医者さんになりたい!”と言うのはよくある話ですが、実際に医学部に進学したのですから本当に凄いですよね。

 

最終的には医学部に進学した髭原人さんですが、実は先ほどの指定校推薦は落ちてしまい、浪人してからの医学部進学だったようです。
ちなみに指定校推薦を落ちた理由は「合格余裕だろうと舐めきっていた」から(笑)。

 

そして、その浪人時代にスロットと出会い、現在に至るまでスロッター人生を送られてきたわけです。

 

さて、浪人生活を経て医学部に入学した髭原人さんですが、大学は中退します。理由は当然スロット。
何と国家試験2か月前に”スロットで食っていく”と決意したそうで、この破天荒加減はもう今の髭原人さんそのままですね(笑)。

 

医者のような社会的地位は当然ないかもしれませんが、金銭面だけでいうと今では想像もできないような額を稼ぐことも可能だったであろう当時のパチンコ・パチスロ業界。

 

若い頃の勢いと言いますか、趣味を仕事にして生きていきたいというのは誰しもが考えること。特に、髭原人さんに至っては昔からスロットが上手かったことは容易に想像できますので、この道に進む決断をされたのでしょう。

 

とは言え、医者になる道を捨ててまでこの業界に進んでもらえたおかげで、筆者含む多くの髭原人ファンが、日頃から面白おかしく動画を拝見できるわけですから、”本当にこの業界に来てくれてありがとうーーー!!!”という感じです(笑)。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。