男性ライター

沖ヒカル(元パチスロ必勝ガイド副編集長)と仲の良い人や悪い人を徹底検証!

インターネット黎明期から活躍している沖ヒカルさん。

 

元パチスロ必勝ガイド副編集長を勤めたり、日本プロ麻雀連盟に所属していたり、さまざまな経歴が目立ちます。

 

そんな沖ヒカルさんですが、自由奔放で勝手気ままなイメージを持っている人が多いと思います。笑

 

その原因は、飲み会やご飯に行くのが苦手で断っていると公言していることにあると思います。

 

破天荒でマイペースな沖ヒカルさんと仲の良い人や悪い人について調べてみました。

 

また喧嘩したことがある人やその原因などを探っていきたいと思います!

沖ヒカルのwiki的プロフィール!

沖ヒカルのWiki的プロフィール
  • 名前:沖ヒカル
  • 本名:内池 友紀
  • 出身地:滋賀県大津市
  • 誕生日:1970年1月12日
  • 身長:177cm
  • 血液型:A型
  • 所属:フリーライター
  • 趣味:ギター、欧州サッカー

 

言わずと知れた、パチスロ界の大御所、沖ヒカルさん。業界の経歴はなんと27年ほどです。

 

沖ヒカルさん自身は、パチスロライターが麻雀をしているのではなく、パチスロに詳しい麻雀業界の人だと語っています。

 

その理由は、ライターになる前に雀荘で働いていたからです。

 

「沖ヒカル」の名前も、ハナ光る→沖光る→沖ヒカルになったというのも面白いです。

 

そのまえは、「グレハン内池」→「グレハニスト内池」の名前で活動していました。

沖ヒカルの性格は?

沖ヒカルさんといえば、自由奔放で勝手気ままな印象がありますよね。

 

インドア派を公言していることや、食事に誘っても嫌がっていることが原因だと思います。

 

ういちさんや、くりさんも食事に誘っても嫌がると話していることから、仲が良い人でも苦手なようです。

 

また、木村魚拓さんのYouTubeチャンネル「きむちゃんねる」に出演したときも、出たくないのを頼まれて、仕方なく出たと話しています。

 

副編集長をした経験もあるので、その辺りのバランスを俯瞰的に見ることができるのかもしれませんね。

 

本人も飲み会などには行かないかわりに、仕事はしっかりこなすことを意識しているそうです。

 

けれど沖ヒカルさんのしっかりこなすというのが、ボートレースで全流し予想だったり、保通協に電話するというコメントなのが最高です。笑

沖ヒカルと仲の良い人は?

沖ヒカルさんと仲の良い人を紹介します!

 

第3位 くり

好きなライター/演者に、くりさんをあげている沖ヒカルさん。

くりさんも尊敬している人に沖ヒカルさんの名前をあげています。

そんなくりさんでも、なかなか食事を一緒に行ってくれないと苦言を呈していたので、沖さんにとって一緒に食事することは相当嫌なことのようです!笑

 

第2位 木村魚拓

おじ5や相談されても困るんですよ、非番刑事などさまざまな番組で共演している2人。

性格は対照的な2人ですが、元部下と上司の関係でもあるので、沖さんにとっては気を遣わなくても良い相手なのかもしれません。

魚拓さんも沖さんの性格を分かっているので、YouTubeの出演依頼の際に、ちょっとだけで良いから出てくださいと言っています。笑

 

第1位 ビワコさん

1位は、内縁の妻と言われているビワコさんです!

ビワコさんを怒らせたと思った沖さんが、ウシオさんを通じて、許してメールを送ったことがあり、なんだか微笑ましい2人です。

沖ヒカルさんは、これまで3度の結婚と離婚を経験しているので、ビワコさんとは内縁関係のままなんでしょうか?

今後が気になる2人です!

不仲説のある人について

仲の良い人とは反対に、不仲説のある人を調べてみました。

 

ですが、以外にも仲が悪そうな人はあまりいませんでした!

 

自身のことを麻雀業界の人と言っているので、他の人とは良い意味でも悪い意味でも一線を引いているのかもしれません。

 

また、元副編集長という経歴もあるので、どう動いたら得になるのか、考えられる人なのかもしれませんね。

 

そんな沖ヒカルさんと不仲説が上がっている人を紹介します。

 

ういちさん

ういちさんとの不仲説の原因は、おもスロいテレビにありました。

長寿番組だったおもスロいテレビを、突然2020年に沖ヒカルさんが卒業したのです。

ゆるーく打つ2人を見るのが好きだったファンは多く、沖さんの卒業を惜しむ声がたくさんありました。

そのなかで、沖さんの卒業は喧嘩別れなのでは?とも言われています。

ですが私は、マンネリ化や規制強化などで視聴者が減っていることもあり、新しい道を切り開くために辞めたのだと推測します。

自分語りが嫌いではないと話している沖さんですから、もしかしたらYouTuberになる道も考えているのではないでしょうか。

 

トメキチさん

トメキチさんとの不仲説は、一般客に対して煽るような言動をしたトメキチさんに対して、沖さんが業界に向いていないと言ったことが原因です。

これは単純に、好き嫌いなどではなく発言に慎重にならないと生き残れないという意味で言っただけだと思います。

沖ヒカルさんも、ライターが人気商売だと言われたときに衝撃を受けたと話しているので、世相の変化を見逃すと使われなくなるということだと思います。

インターネット黎明期に活躍した沖さんだからこそ、世の中のスピード感を痛感して出た言葉なのかもしれませんね。

 

シーサ。さん

シーサ。さんとの不仲説が出ている原因は、ドロップアウト内で、木村魚拓さんとシーサ。さんを弄り倒したかららしいです。

プライドの高いシーサ。さんが、オープニングから少しムッとしているのが分かります。

さすがに何度も詐欺師呼ばわりされると、怒るのは無理もない気がします。

さらに実戦内容も良くなく口数も少なかったので、視聴者から見ると余計にそう感じたのかもしれません。

 

ただ、ほとんど木村魚拓さんがシーサ。さんを煽っていたのに、巻き添えを食う形で沖さんも一緒にされて少し可哀想でした。笑

そう言った意味で、強めに弄っても平気な、くりさんを重宝しているのかもしれませんね。

ただ弄りについては、世間の目が厳しくなっているので沖さんもトメキチさんの二の舞にならないように、気を配る必要があります。

 

今後も自由奔放に、楽しい番組を作って欲しいですね!笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。