男性ライター

ウシオはパチスロ業界1の嫌われ者?その理由やプロフィールや経歴まとめ!

今回は元必勝本ライターであり社長という肩書きを持つウシオさんのことについてまとめていきたいと思います。

現在でも数多くの動画に出演されていますが、批判的なコメントも多い演者さんです。

今回はそのあたりも含めて記事にしていきたいと思います。

ウシオのwiki的プロフィール!

画像
ウシオのWiki的プロフィール
  • 名前:ウシオ
  • 出身地:埼玉県
  • 誕生日:1978年7月1日
  • 身長:178cm
  • 血液型:B型
  • 所属:サムライグラフ

これがウシオさんのプロフィールです。なかなか男前ですよね。

身長もありますしもう少し若ければイケメンランキングに入ってきてもおかしくないですね。

所属はサムライグラフとなっていますがこれはご自身の会社です。

ファッションに焼肉店にBARなど幅広く手掛けている会社の社長さんです。

経営者としての才覚はしっかりともっているようで社長としての度量は木村魚拓さんも間違いないというほどいい社長のようです。

こんなウシオさんの来歴を紹介していきましょう。

ウシオさんのライターとしての経歴は?スター性に溢れたものだった?

大学を卒業したウシオさんは社会人を経験しています。

最初に就職したのは大手ドラックストアに勤めます。しかし2週間で辞めます。

理由はとってもシンプルで「つまらなかったから」

たしかにつまらなければ辞めたくなるのはわかるんですがいくら何でも早すぎます。

 

次に就職したのは小さい家具メーカーで営業職をします。仕事自体はとても楽しかったそうですが、こちらも2ヵ月で退職します。

理由は仲良くなった経理の女の子から教えてもらった社長の年収が600万しかなかったことだそうです。

頑張って社長になっても年収600万、、、この事実を知ったウシオさんは目の前が真っ暗になったと言っていました。

それを知ったウシオさんはすぐに辞めたそうです。

なんというかこの頃から思い立ったらすぐ行動という実業家らしい感じがしますね。

 

その後、半年ほどパチスロで生活していたそうですが文章を書くことはもともと好きな事とパチスロが好きな事、その二つの条件から雑誌に履歴書を送り晴れて必勝本でデビューを迎えます。

最初はデータ取りなどもしていたようですが、結構アッという間にライターとして売れたようでかなりのページを書いていたようです。

月に120ページ書いたこともあるというほど仕事したそうです。

 

そんなウシオさんのスター性というか実業家としての実績を紹介してみましょう。

現在の雑誌では当然あるホールの取材企画をウシオさんの発案で始めたそうです。

この辺りの発想や行動力はアイデアマンでありながら事業家に向いているのがわかりますね。

なぜ嫌われ者の筆頭に?指定台疑惑と結婚しすぎなウシオさんには批判の嵐?

ウシオさんといえば嫌われ者、アンチが多いそんな印象の方もかなり多いと思います。

ただ最近見始めたような方はなんでウシオさんってこんなに言われなきゃいけないの?って思う方が多いと思うのでその辺に触れてみようと思います。

 

最も見られるのはやはり指定台!というコメントですね。

2016年の年末、香川の実践にてとあるユーチューバーの方が用意された台だと言った事によって起こったものですね。

 

このことはウシオさんのブログにも書かれています。

これに関しては正式な謝罪もありあくまでも疑惑であったとされていますが、パチスロ演者と指定台というのはいつになっても切り離せない問題のようですね。

 

最近でも梅屋シンさんがTwitterにて指定台疑惑をかけられたことに対して弁護士さんに相談してみようかななんて呟いて少し話題になってましたし、これはパチスロ演者さんにはありがちな話なのかもしれませんね。

 

あとウシオさんといえば、、、戸籍謄本が2ページ目まであるそうです。

ウシオさんは今までに3回の離婚と4回の結婚を経験されています。すごいですよね、社長さんでお金もありますしルックスもいいですから寄ってくる女性が多いのは理解できますがなぜ離婚になるのかは正直理解できませんね。

これにも結構な批判的なコメントが集まりましたが、これはしょうがないとしかいいようがないですよね。

ひがみも若干入っているとは思いますが私も3回離婚する男性を手放しに応援できるかと言われると難しいと思います。もちろん否定する気もないですけどね。

 

一時期は不倫の噂もあったことがありましたがこれは確定できる情報はないのであくまでも噂としかいえませんね。

ウシオさんは以前結婚感について常に嫁を女性としてみていたいと言っていたので常に刺激や変化を求めているのかもしれませんね。

 

常に何かを求める姿勢は実業家としては正しいかもしれませんが結婚にそれを求めるのは厳しいかもしれませんね。

今の奥様が常にウシオさんを満足させられるウシオさんにピッタリの奥様でいつまでも幸せに過ごせることを祈っています。

今でも動画で輝く演者ウシオの魅力は?

ここからは演者としてのウシオさんの魅力に迫っていきたいと思います。

前に私の見ている印象はハナハナジャグラーを打ちながら妄想に近いような事を語る演者さんといった印象でした。

 

しかし最近はそうでもないように思いますね。柔軟に何でも打つような印象です。

特別な知識があるわけでもありませんし特別パチスロが上手いわけでもないと思います。

 

じゃあ何が魅力なのかというと、コメントのキレと発想になると思います。

実業家らしいキレと確信に迫るような一言、これはやはり常人とは違う思考をもつウシオさんならではという感じがしますね。

おススメとしては木村魚拓の旅打ちってやつ(サイトセブンTV)ですが、これは出演機会はおおいですがレギュラー番組ではないです。

この番組出演時のウシオさん木村魚拓さんのおかげもあると思いますが本当に見ごたえがあります。

 

ただこの番組出演のたびに夜の飲み会代をウシオさんが払っているそうですがその金額が毎回すごいみたいですね。

「金だけは持ってる」

をキャッチフレーズのように言っていたウシオさんですがさすがにギャラ割れの仕事である旅打ちは果たしてウシオさんにメリットがあるのか本当に心配です。

広告宣伝費としては安いのかもしれませんが、突然でなくなるような事態だけは楽しみにしている私みたいな視聴者のためにも避けてほしいですね。

ウシオさんのをまとめ

さて今回は青年実業家でありながらパチスロ演者でもあるというウシオさんについてまとめてみました。

ウシオさんはどのライターさんが語ってもお金を持ってると語っていますね。

 

諸積ゲンズブールさんいわく持ってる桁が違う、はたまた駅前でサラリーマンに一万円札を配り始めた事もあるそうです。

本業でかなり稼いでらっしゃるのはわかりますが、いつまでも動画にでて私たちを楽しませてもらいたいです。

 

実業家としてのウシオさんが少し実感してみたい方は木村魚拓さんのユーチューブチャンネルのおとな電話相談室なんかを見るとはきはきと自分の考えを伝え主張する社長っぽさがでてて面白いかと思います。

こんな二面性を持つウシオさんにはこれからも活躍してもらいたいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。