男性ライター

黒バラ軍団の脱退者一覧がすごい!クビの理由や現在の活動状況は?

黒バラ軍団をみなさん知っていますよね?

 

期待値至上主義でガチ中のガチな立ち回りで有名になった軍団です。
立ち回りにおいて黒バラ軍団を参考にされた方も多いのではないでしょうか。

 

黒バラ軍団については前回記事にさせていただきました。

ジロウの黒バラ軍団が真顔なのは何で?メンバーの勝率と関係があった!こんにちは!現在外出自粛が進むなか、パチスロも打てずYouTubeにお世話になっている日々ですが、そんな中で気になるチャンネルを見かけま...

こちらが黒バラ軍団について書かせていただいた記事になります。
現在のメンバーについてはこちらで紹介していますので、ぜひ見てみてくださいね!

 

今回はそんな黒バラ軍団において脱退した人達に注目してみました!
脱退者はどんな人なの?理由は?その後の活動は?などの疑問について調べてみましたので、ぜひご覧ください!

黒バラ軍団とは?強制脱退になることもあるの?

まずそもそも黒バラ軍団について説明していきます。
前回の記事と重複する部分もありますが、ご了承ください。

 

黒バラ軍団とはJANBARI.TVの番組であり、勝ちに徹するスロッターのみが所属できるという理念のもと、ガチな立ち回り実践を行う軍団となっています。

 

実際に動画においても期待値のある台のみを求めて打っており、打てる台がない時は「見」に回って2~3時間打たずに台を探すということも平気でされています。
まさにガチの立ち回りですね。すごい・・・。

 

そんな黒バラ軍団ですが、もちろん誰でもなれるという訳ではありません。
一般人の人が応募してきた中から、厳しい書類審査面接をくぐり抜けてやっと実践することができるのです。

 

余談ですが、あのScoopTVの寺井一択さんも黒バラ軍団のオーディションを受けていたそうです。
最終面接までいったものの、残念ながら落選したようです。

 

もし受かっていれば「黒バラ軍団の寺井一択」が生まれていたんですね。
しかし寺井さんはScoopTVでバラエティキャラとして成功し、でまさにパチスロ演者界での天下を取っているので、結果的には落選していてよかったと思います!

 

そうした審査の合格後は実践を10戦行い、番組が定めたポイント(25ポイント)が足りなければ強制脱退となる過酷なルールでもあります。
そのポイントとは、勝利で3ポイント・差枚+1000枚で1ポイントとなります。

 

そして10戦で25ポイント以上だった人がようやく正式に黒バラ軍団のメンバーへと加入するんです。
さらにさらに、そのランク戦も3連敗すればランクが下がるというルールもあり、ずっと気が抜けないんです。

 

どうでしょうか。非常にシビアなルールであることが分かりましたよね?
私なら速攻で脱退する自信があります(笑)

 

そんな黒バラ軍団で現在活躍されているのがジロウ・コウタロー・リノ・タク・セイジの5人となっています。
それぞれの方については前回の記事に書いておりますので、確認してみてください!

強制脱退になった人物を一覧にしてみた!

上記のような厳しいルールですので、残念ながら黒バラ軍団を脱退となった人も多いんです。
どの方もスロットの立ち回りに自信を持っていたものの、残念ですよね。

 

本人はまだやりたいものの、強制脱退になってしまうのは厳しいルールです・・・。
まさに番組のコンセプトである「力なき者は去れ」を体現していますね。
この項では強制脱退となった人物をまとめてみました!

 

・トメキチ

リアルスロッター軍団 黒バラ トメキチ ミクちゃんアリーナ茨木店編 ...

10戦の戦績:3勝7敗
最終獲得ポイント:11ポイント

 

トメキチさんが元黒バラ軍団だったということを知らない人も多いのではないでしょうか。
残念ながらなかなか実践では勝利できず、最終戦では+11000枚が黒バラ軍団加入条件と、なかなか厳しい戦いをしていました(笑)

 

しかもその最終実践では抽選人数がかなり多く、打てた機種は「ボンバーパワフル」と、ある意味本当に面白い実践でした(笑)
気になる方はぜひ見てみてください!

 

現在は残念ながらアンチも多いトメキチさんですが、この頃から「立ち回りがなっていない」「話し方が偉そう」など厳しいコメントも多かったです・・・。
しかしながら、応援しているファンも多かったので脱退の時には「悲しい」といったコメントも多く見受けられました。

 

現在はみなさんご存知のとおりJANBARI.TVで活動されています。
結果的にですが、キャラ的に黒バラ軍団でない方がよかったのではないでしょうか(笑)
どちらかとトメキチさんはバラエティなキャラだと私は思います。

 

タイキドン

リアルスロッター軍団 黒バラ タイキドン PAO千里店編【北斗の拳】【化 ...

10戦の戦績:4勝6敗
最終獲得ポイント:12ポイント

 

現在もJANBARI.TVに所属しているタイキドンさんも元黒バラ軍団です!
豚バラ」という黒バラをパロディにした番組をされていますね(笑)

 

現在と比べると少し瘦せているような気がしますね!
もう6年も前ということで、状況も今とは違っていたのでしょう。

タイキドン – JBメンバーズ

こちらが現在のタイキドンさんです!
黒バラ軍団より太ったような・・・みなさんどう思いますか?(笑)

 

しかし私としては、現在のタイキドンさんの方が優しそうでいいと思います!
豚バラというバラエティも似合うようになっていますので、このまま体形を維持してほしいですね(笑)

 

・トモノリ

マイジャグラーIII】リアルスロッター軍団黒バラ トモノリ キコーナ ...

10戦の戦績:5勝5敗
最終獲得ポイント:21ポイント

 

黒バラ軍団加入にあと一歩まで近づき、合格するのに惜しかったのはトモノリさんです!
21ポイントということで、あと4ポイントで加入できていたんですね。

 

最終戦前の9戦時点でポイントは15ポイントと、黒バラ軍団加入には差枚で+7000枚が必要という厳しい状況でした。
そういった状況の中、投資2800枚の回収6389枚と+3589枚という見事な結果で終わりました。

 

もし最終戦までにあと1勝していれば・・・という声も多かったです!
しかしルールはルールですので、残念ながら強制脱退となってしまいました。

 

その後トモノリさんは「パン君」という名前に変えられて、現在もJANBARI.TVで活動されています。
黒バラ軍団には加入できなかったものの、JANBARI.TVで活動することができてよかったなと思います!

自主的に脱退する人もいる?理由は?

黒バラ軍団においては、強制脱退以外の理由で脱退された方も多くいるんです。
せっかくオーディションに受かったのに・・・と思いますが、その理由は何なんでしょうか。
脱退者と脱退理由を調べてきました!

 

・ヨシキ

リアルスロッター軍団 黒バラ ヨシキ ワイドツインパーク編#55 ...

あれ、見たことある・・・となった人も多いのではないでしょうか。
そうなんです。スロパチステーションで活躍中のよしきさんは元々黒バラ軍団のメンバーだったんです!

 

ヨシキさんは10戦もクリアして、ランク戦を行っていましたが自主的に脱退されました。
当時は黒バラ軍団として活躍されていたので、惜しむ声も多かったですね。

 

気になる辞めた理由についてですが、ヨシキさんはこの後ベルコというパチスロメーカーに就職します。ビンゴなどを作っているメーカーですね。
嫁と子供のためにパチスロ演者という不安定な仕事ではなく、安定したサラリーマンとして生きようとしたのではないでしょうか。

 

しかしその後スロパチステーションに演者として戻ってくることになるのですが、現在の活躍されている姿を見ると、よしきさんは演者として生きていくことが正解だったように思います!

 

今では黒バラ軍団時代よりも人気になっていますよね(笑)
その後ブレイクした人は少ないので珍しいタイプですね!

 

・小次郎

リアルスロッター軍団黒バラ 小次郎 マルハン加古川店#803【押忍!番長 ...

小次郎さんも黒バラ軍団でランク戦を戦っている途中自主的に脱退されました。
立ち回りの評価も高く、人気も出てきたところでの脱退でしたので悲しがるコメントも多かったです。

 

理由についてですが、小次郎さんは将来のことを考えたときにライター業が不安になってしまったとコメントしています。
小次郎さんも一般人のサラリーマンとして生きていくことにしたようです。

 

理由についてはヨシキさんと同じですね!
ライター業も常に人気との戦いを争っていて、精神的にも厳しいのかもしれません。

 

恐らく現在は一般的なサラリーマンとして頑張っていることと思います。
しかしいつかよしきさんのように復帰される可能性もあるかもしれません。

 

・宗一郎

パチスロ蒼天の拳2】リアルスロッター軍団黒バラ 宗一郎 キコーナ ...

宗一郎さんも同様にランク戦を戦っている途中での自主脱退となりました。
どちらかというと実践が少なく、まだまだこれからという時の脱退でしたね。

 

理由については、こちらも同様に将来への不安ということでした。
やはりみなさん考えることは同じなのでしょうね。

 

しかし宗一郎においては「干された」と考える人も多いようです。
確かにこのときは黒バラ軍団が7人いて、売れっ子のジロウさんやリノさんと比べると人気が少ない宗一郎さんは実践も少なかったと予想できます。

 

実践が少ないということは、給料も少なくなるということですので将来に対する不安が大きく感じれたのかもしれませんね。
現在何をされているかは分かりませんが、元気に過ごされているといいですね。

消えた脱退者?クビになったの?

黒バラ軍団において強制脱退と自主的に脱退された方を紹介しました。
しかし実は他にも脱退した方はいるんです!脱退というより消えたというか・・・。
いったいどんな理由で脱退したのでしょうか?

 

・ジュンイチ

リアルスロッター軍団 黒バラ ジュンイチ-ミクちゃんアリーナ茨木店編 ...

このジュンイチさんは「黒バラ軍団」として番組が始まった最初のメンバーなんです!
ジロウ・タイキドン・トメキチ・ジュンイチという4人で黒バラ軍団はスタートしました。

 

そう思うと一番初めから第一線で活躍されているジロウさんは本当にすごいですね。
やはり実力・知識が備わっていたんだなと分かります。

 

こういった4人で始まった黒バラ軍団ですが、他の3人は実践動画が公開されていくものの、ジュンイチさんの動画は更新されず・・・。
そしてしばらく経ってから、ジュンイチさんは「リタイア」ということが公表されました。

 

リタイアということですので、自主的に脱退されたのだと考えられます。
SNS等でも全く情報がないので、完全にパチスロ業界から離れたようですね。

 

リタイアの理由については明らかになっていません。
もう7年も前の話ですので、今後明らかになることはなさそうですね。

 

古くからの黒バラ軍団ファンでなければ知らない方も多いのではないでしょうか。
私は初めて知りました(笑)
現在は何をされているか不明ですが、一般人として頑張られていることと思います!

 

・モリオ

ジャンバリ.TV]リアルスロッター軍団 黒バラ モリオ ベニス天五店編 ...

モリオさんはある意味で伝説の演者となりました!
なんと実践は1回のみで、そのまま消えたんです・・・(笑)
知っている方はかなり少ないのではないでしょうか。

 

せっかくオーディションに受かって実践できるところまで来たのに、1回しか実践しないのは勿体ないと思ってしまいますよね。
受かりたくても落ちてしまった寺井一択さんもいるのに・・・(笑)

 

そしてこのモリオさんですが、「クビになったのでは?」と言われています。
JANBARI.TVのサイトでは先ほど紹介したジュンイチさんは「リタイア」となっていましたが、モリオさんは「強制脱退」と記載されていたんです。(※現在は脱退者の欄が消去されています)

 

10戦戦っていないのに強制脱退という理由だったので「クビになった」という予想がされたようです。
真相は分かりませんが、あまりいい形での脱退ではなさそうですね。

 

ちなみにモリオさんは当時されていたブログで脱退の発表をされたのですが、「言葉制限が合わなかった」「コンセプトに合わなかった・合わせる実力がなかった」とコメントされています。

 

そういうコンセプトで募集しているのだから合わせるよう努力すればいいですし、言葉制限などもルールで決まっているので守るべきではないかと思いますが。

 

モリオさんは黒バラ脱退後少しの期間ブログをされていましたが、現在はもう止まっています。
何をされているのかは分かりませんが、頑張っていればいいですね!

黒バラの脱退についてのまとめ!

黒バラを脱退した方について書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

 

最後にまとめると

  • トメキチ・・・強制脱退 現JANBARI.TV所属
  • タイキドン・・・強制脱退 現JANBARI.TV所属
  • トモノリ(パン君)・・・強制脱退 現JANBARI.TV所属
  • ヨシキ・・・自主脱退 現スロパチステーション所属
  • 小次郎・・・自主脱退
  • 宗一郎・・・自主脱退
  • ジュンイチ・・・自主脱退(?) 消えた
  • モリオ・・・強制脱退(クビ?) 伝説

ということになります!

 

パチスロ業界は年々厳しくなってきており、業界へ不安を持って黒バラ軍団を脱退・演者を引退される方が多かったですね。
そんな中でも演者を続けている方にはぜひこれからも頑張っていってほしいとおもいます。

 

黒バラの番組においては撮影を取り巻く環境などが変わったことにより、更新頻度がかなり少なくなってしまいました。
楽しみにしていた番組だったので、非常に残念です。

 

こういった状況ですから黒バラ軍団において、新メンバーや新たに脱退される方などはあまり考えられないですが、もしまた動きがあれば注目していきたいと思います。

 

みなさんも脱退された方を懐かしいと思ったなら、昔の動画を見返してみてはいかがでしょうか。
いま見るとまた違った面白さが発見できるかもしれませんよ!