女性ライター

元SIRリーダー山下若菜は天才!アイドル活動や今後に迫る!

イラドル・ムシドルなど多くの肩書をもつ山下若菜さん。

 

パチンコライターと言うと山下若菜さんはイラッとするアイドルことイラドルと明るく元気良く答えてくれそうですwww

 

テレビは勿論、舞台など幅広く活動しています。

 

そんな山下若菜さんでしが、幼少期に少し不思議な恐怖体験をした経験があるそうです。

 

また山下若菜さんはアイドル活動を通しイラドル、ムシドルなど経験されています。

 

イラドルは良くみかけますが、ムシドルとはいったいどのような活動だったのでしょう!?

 

今日は、そんな山下若菜さんの気になる恐怖体験やアイドル活動、wiki的プロフィールなどについて調べてきました。

山下若菜のwiki的プロフィール!

山下若菜 | サンスポアイドルリポーターSIR オフィシャルサイト
山下若菜のWiki的プロフィール
  • 名前:山下若菜(やました わかな)
  • 愛称:わっちゃん
  • 出身地:福岡
  • 誕生日:1984年9月21日
  • 血液型:B型
  • 身長:155cm
  • 体重:41kg
  • スリーサイズ:80-55-80
  • 趣味:ゲーム、漫画、アニメ、パチンコ、麻雀、競艇
  • 所属:ソーレプロモーション

元祖イラドル・ムシドルなど多くの肩書をもつ山下若菜さん。

 

パチンコ・スロットのライターと言う肩書ではありませんがSIRのリーダーとして長く活動され、普通のライターさんよりも業界の活動をされています。

 

テレビで見ていても動画で確認してみても、多くのヤジや厳しめコメントがあります。

 

しかし山下若菜さんはヤジは愛情表現と思っているようで、かなりメンタル強めに感じますwww

 

また山下若菜さんは多種多彩で脚本や歌の作詞に漫画やイラストなどまでされています。

 

歌って踊る舞台女優でも十分ハイスペックですが、裏方の制作まで自らこなすことが出来て、実際活動されています。

 

パチンコ・スロットもその才能の一つですが、お笑いに興味がありM-1やR-1に出場した経験があるそうです。

 

もちろんテレビやラジオ、映画まで出演されベテラン芸能人といっても遜色ありませんwww

 

おそらく、どの分野でも活躍された可能性があり、今後も誰も想像しない山下若菜さんが出てくる可能性があります。

 

山下若菜さんはそれくらいの天才です。

イラドル誕生!!アイドル生活の苦悩

山下若菜さんは福岡出身です。

 

学生時代から演劇に興味があり、高校生の時から財団の演劇で活動したいたそうです。

 

福岡の商高校を卒業し就職する予定だったそうですが、学生時代に立ち上げた演劇の同好会の公演が入社前の研修会と被ってしまい、就職を諦め演劇を選びます

 

これを機に演劇の仕事をしてみたいと思い家族に相談し上京します。

 

この時、複雑な家族事情により母親に育てて貰っていたらしく、本当に悩み、山下若菜さんが答えを出した後も、母親には本当に申し訳ないと思ったそうです。

 

オーディションに合格し舞台女優としてデビューするが、仕事が少なく山下若菜さん本人が劇団を立ち上げたり脚本を書き、それを他の劇団に売り貸して生活していたそうです。

 

山下若菜さんは劇団女優以外にもアイドルとしても活動します。

恐らく、山下若菜さんが本当に大変な時期は、この頃のようで生活も会社も大変で、アイドルとして舞台女優としての方向性を見出すときに色々なことが起きたようです。

 

始めは萌え系アイドルを名指し活動していたそうですが、周囲や見てくれる人がイライラする結果を逆手に取りイラドルと名乗るようになったそうです。

 

初めはライブMCなどを経て2008年にはテレビにも出演し、その名を轟かせます。

 

また山下若菜さん自ら生ゴミなど自虐ネタで一蹴したり、若菜プロデュ―スで出演者をイライラさせたり、男性や周囲がイライラすることを企画、実行していたそうです。

 

その後、アイドル活動を続けていた山下若菜さんですが生活は苦しかったようで、名前も売れ人気もあった2012年もスナックでアルバイトをしていたようで、声が枯れたのは酒焼けと自虐ネタとして披露されていました。

 

正直、アイドルのことは詳しくありませんが、私たちが思っている以上に厳しく、それ以上にアイドルと言う存在に魅力があるのかもしれませんが、普通にサラリーマンとして過ごす方が簡単な生き方かもしれません。

才能大爆発!天才SIRリーダー!

山下若菜さんは2011年にはサンスポアイドルリポーターSIRの選考に応募されました。

 

そのSIRの応募者は約300人いたそうですが、山下若菜さんがダントツ人気だったようで他のメンバーとはかなりの差が付いていたそうです。

その結果、グランプリを受賞し2012年にSIR第1期生として正規メンバーになります。

 

すでにイラドルとして認知度や知名度はあり、キャッチコピーは「明るい引きこもり☆イラドル」でカラーは赤で、個人的には緑色が好きと言うことをネタに自己紹介されていましたwww

 

当時はパチンコ・スロットは知識や経験はほとんどなかったそうですがゲームやアニメ、漫画が好きで、そのゲームや漫画がパチンコ・スロットの遊戯台になることがあり、原作の知識やゲーム好きと言うこともあり、パチンコ・スロットに詳しくなります。

 

今では家にいないときは大体パチンコ店にいるそうですwww

 

またSIRでもイベントやライブの脚本を担当し、歌の歌詞を作ることもありました。

 

他にも漫画を描いてみたりイラストと作成したりと山下若菜さんの才能を爆発させます。

 

そういった人気もあり、本人の適正も認められSIRでは第1期生の時からリーダーとして活動をします。

 

その活動の成果もあってか2013年には藤商事のCR KING of KEIBAでリポーター役としてパチンコ台デビューまで果たしています。

 

またSIRの活動は7年以上にわたりSIRの活動拡大にともなり山下若菜さんは統括リーダーになります。

 

2018年にSIRの卒業を宣言し、2019年に卒業します。

 

具体的にSIRの卒業理由などは公表していませんが、SIR卒業後はWORLD of the CHARACTERSと言う劇団を立ち上げ、山下若菜さん脚本を書き、自ら舞台で役を演じています。

 

その舞台の踊りは、山下若菜さんにとっては難しいようで大変と言われていました。

 

劇団員やアイドルの人が踊りが大変と言うと少しいイメージが悪い気がしますが、山下若菜さんが言うとネタに聞こえ、年齢的にきつくなったなど言われそうですが、間違いなく舞台では完璧にこなすタイプだと思います。

山下若菜(漫画家)の作品情報・クチコミ - マンバ

また2021年に角川文庫主催のカクヨシweb小説短編賞に「ハレルヤ!!!~神様はドルヲタになりました~」で応募し、見事「短編賞」と「短編小説マイスター」を受賞します。

 

今は長編小説に挑戦しながらも、自身の舞台やアイドル活動を表も裏も支えながら活動して行くようです。

 

またSIRを卒業し、色々な制限が緩くなったと思います。

 

これを機に、結婚や実は結婚していたなどと言う可能性も十分考えられますが、今の所そういった話は出ていないようです。

 

また元SIRと言うことでパチンコライターとして活躍中の成田ゆうこさんや湯川舞さんがします。

 

山下若菜さんがパチンコライターとして活動したら、間違いなく人気が出ると思いますし、業界も盛り上がると思います。

 

そういった選択肢も無くはないと思いますので今後の活動に注目しましょう。

ムシドル!?その活動とは!!

山下若菜さんは昆虫が好きらしく、虫のアイドルでムシドルと言われることがあります。

 

テレビと専門雑誌BE-KUWAのコラボ企画でアイドルを選考し山下若菜さんが合格し、表紙を飾り、オオクワガタの飼育や繁殖日記として約1年間コラム連載をします。

 

コラム掲載が終了しても飼育は続き、オオクワガタのオスが72mmまで成長したそうです。

 

これは初めてオオクワガタを飼育した結果としては、かなり好成績だったそうで、70mm以上になれば黒いダイヤモンドと呼ばれ高値で取引されているようです。

 

また雑誌コラムの関係上、1年間飼育すると言う前提が付き、その間オオクワガタが生きている保障はなく、もちろんムシドル以外の仕事もあり山下若菜さんは精神的にも肉体的にも大きな負担になったと思います。

芸能】虫好きアイドル・山下若菜、水着姿でペットのクワガタに噛まれ「アイタタタタァ!血が出たぁ!」と悶絶 - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
さらに2016年には写真週刊誌FLASHでは水着で昆虫を食べると言う企画に挑戦し、イナゴや女郎蜘蛛、コガネムシなど様々な昆虫に挑戦されていました。
これは少し違うかもしれませんが、普通アイドルは勿論、芸人でも嫌がりそうな企画に参加したプロ根性は凄いとしか言いようがありません。

山下若菜の世にも奇妙な恐怖体験

山下若菜さんは幼少期に不思議な体験をしたことがあるそうです。

 

昔、住んでいた家に幽霊的な女性が出ることがあったそうです。

その心霊現象は山下若菜さんだけでなく妹や親戚も目撃しているそうで、しかも、その幽霊の正体は父親の浮気相手の女性で生霊のようでしたと答えています。

 

普通に考えたら、世にも奇妙な物語で出てきても違和感が無いくらい怖い体験だと思います。

 

また昔の実家の周囲には引っ越す前から盛り塩が沢山あったそうで、その時点で嫌な雰囲気がしますが、不思議な現象がすでにあり霊道と言う、霊の散歩道のようなものがあったそうです。

 

怖い話のように思えますが、コミカルな明るい幽霊もいたようですwww

 

本当に幽霊がいる!?いない!?と言う話ではなく、そのような体験をした山下若菜さんが辛いときも笑顔で頑張れた要因の一つかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。