パチ&スロ小ネタ

まどマギの美樹さやかが助六と呼ばれる理由は?お寿司屋さんの店の場所や名前は何?

まどマギの美樹さやかってどんなキャラ?

まどマギのストーリーは、普通の高校生「鹿目まどか」の前に謎の生物「キュゥべぇ」が現れるところから物語は始まります。

 

キュゥべぇはまどかとその親友である美樹さやかに、「魔法少女になれば何でも一つだけ願いをかなえる」という契約を持ち掛けます。

「きゅぅべぇ 契約」の画像検索結果

そんなまどかが、先輩魔法少女や別地区の魔法少女、謎の転校生との出会いを通して自分の本当の願いを探していくというストーリーです。

 

その中で視聴者が真っ先に魔法少女になる契約をする場面を見ることになるのが、この美樹さやかです。

 

最初は明るく元気な普通の女の子のイメージで、ネット上でも青い魔法少女と呼ばれ応援されていましたが、自分の叶えた願いの悲しい結末に徐々に心を蝕まれていきます

「さやか 画像 公式」の画像検索結果

アニメ開始当初のほのぼのとした日常&魔法少女アニメの雰囲気をぶち壊したのは第3話で魔法少女の先輩であるマミさんが魔女にやられる(俗にいう「マミる」)シーンです。

 

ストーリーはどんどん不穏になり、魔法少女たちの不安な心理描写や彼女たちを待ち受ける救いようのない結末がまどマギ最大の魅力であり特徴だと思います。

 

余談ですがまどマギの脚本担当である虚淵玄さんは『Fate/Zero』の執筆や『ブラック・ラグーン』のノベライズを行っており、まどマギ放送前から鬱展開が読めていた人もいたそうです。

美樹さやかが助六と呼ばれる理由は

助六という残念あだ名は女の子につけるあだ名にしては酷すぎます。

 

なぜこのようなあだ名がついてしまったか、その原因は以下の通りです。

 

まどマギの主な登場人物は、まどかとほむらにレギュラーキャラであるマミ、杏子、さやかを入れた5人です。

 

続編でチーム名をピュエラ・マギ・ホーリークインテットと名乗っていたこの5人、フルネームを並べると鹿目まどか、暁美ほむら、美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子(きょうこ)となります。

 

そんな中、インターネット上で五人の名前がお寿司の名前に使われていたお店が話題になります。

「寿司 助六 まどまぎ」の画像検索結果

その画像では円(まどか)、巴(ともえ)、杏(あんず)、焔(ほむら)、助六のメニューが紹介されています。

 

つまり、さやかの代わりに助六が置いてあることからさやか=助六の図式が出来上がり、その偶然の面白さがちょっとした話題になりました。

 

以後、さやかちゃんのことを助六と呼ぶようになり、まどマギを使ったギャグなどの要因になった経緯があります。偶然ってホントに怖いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。