パチ&スロ小ネタ

週刊少年ジャンプでパチンコ台になった作品は?タイアップ機種一覧まとめ!

政宗3の6が全国的に辛いらしいですね。設定掴んでて出せないのはストレスだろうな…。

 

こんにちは。毎月新台が出ていますが、昔ながらの台は常にホールにありますね。

北斗の拳花の慶次聖闘士星矢…ということで!今回は!

 

週刊少年ジャンプ作品のパチンコ台について調べてみます!

 

有名どころは勿論ですが、調べてみると意外に多いのかも…。
そんな疑問を持ったので、今回記事を作ってみました。

 

それでは早速見ていきましょう。

週刊少年ジャンプ タイアップ作品一覧

過去にパチンコでタイアップしたジャンプ作品がこちらになります。

・ど根性ガエル
・ハレンチ学園
・マジンガーZ
・ハイスクール奇面組
・コブラ
・北斗の拳
・キン肉マン
・魁!!男塾
・キャッツアイ
・侍ジャイアンツ
・花の慶次
・まじかる☆タルるートくん
・ウイングマン
・ドーベルマン刑事
・銀牙伝説ウィード
・新サーキットの狼
・聖闘士星矢
・ろくでなしBLUES
・天地を喰らう
・サイバーブルー
・ルーキーズ
・地獄先生ぬ~べ~
・キャプテン翼
・風魔の小次郎
・BASTARD!! -暗黒の破壊神-

以上になります。抜けがあったらすみません。

 

調べていて思ったんですが、週刊系ってタイアップ多いんですね。
ジャンプと同じくらいマガジンサンデーを見かけた気がします。

 

分かりやすくしているのは、今でも続編を見かけるシリーズです。
各メーカーの看板機種になっているものばかりですね。

 

リリース後、現在まで続編が開発されているシリーズがこちら。

ジャンプ作品名 シリーズ数
花の慶次 31台
北斗の拳 28台
聖闘士星矢 13台
キャプテン翼 7台
キン肉マン 4台
キャッツアイ 3台
魁!!男塾 2台

 

※他の台は単発、または続編が長く作られていない様です。

北斗の拳と花の慶次の2強ですね。聖闘士星矢も頑張ってますが、2機種が抜けています。

 

では次に、シリーズ数の多いタイアップ機の初代スペックや原作の情報など、当時の様子を改めて振り返ってみたいと思います。

そしてプラス1機種として、個人的に気になった台「地獄先生ぬ~べ~」の情報も記載していますので見ていきましょう!

週刊少年ジャンプ~人気機種の始まり~

・北斗の拳シリーズ


機種名:北斗の拳 S
導入日:2002年3月
メーカー:サミー

大当たり確率 1/318.5(1/57.9)
確変突入率 50%
確変継続率 50%
賞球数 5&10&15
出玉性能 全て約2100発

※確変時は次回まで。

 

竹を割ったようなスペックですね。
ヘソも5個返しのようですし、50%が非常に重要な台です。
当時を知りませんが、他の台もこんな感じだったんでしょうか…?

 

因みに、この翌年に伝説のスロット初代北斗の拳が出て約62万台の爆売れ。
きっとこの売り上げと急な人気で続編が続いていくんでしょうね。

 

マンガは1983年~1988年まで連載、同時期にアニメも展開しています。
全27巻となっており、当時のジャンプの救世主だったようです。

 

因みに2002年に出ていた他の台は

・フィーバー大ヤマト
・CRピンクレディー X
・CRミニスカポリス X
・ビッグシューターV

などなど。思い出の台はあるでしょうか。
私が年上の方と話す機会がある際に、必ず聞くのは大ヤマトでした。

 

・花の慶次シリーズ

機種名:花の慶次~雲のかなたに~
導入日:2007年7月
メーカー:ニューギン

大当たり確率 1/399.25(1/39.93)
確変突入率 80%
確変継続率 80%
賞球数 3&4&6&14
出玉性能 約0個~約1,660個

※確変は次回まで。潜伏確変有り。

 

これヘソ当たりの45%が約1,600個の確変なんですよねこれ。
けど確変中の旦那~!(1人)は大体で味方切られてた記憶。

 

大ふへん者で上アタッカーが開くの懐かしいですね。
振り分け次第で最大48回も開くので、上手い人は平均1,660個に対して約2,000個を取れていたとかなんとか。

 

マンガは1990年~1993年まで連載、全18巻となっています。
原先生が多忙で描き込みを簡略化したところ、見やすくなったと読者の声が多く届き、以降はそのままらしいです。
それでも描き込みすごいなと思うのは、私だけでしょうか。

 

そして2007年にデビューした他の台は

・CR新世紀エヴァンゲリオン・奇跡の価値は
・CRぱちんこ必殺仕事人III
・CR今夜もドル箱R
・CRフィーバー創聖のアクエリオンMF-TV

などです。【奇跡の価値は】は個人的にエヴァで屈指の出来だと思っています。
アクエリオンは曲が大人気でしたね。しばらくテレビから流れていたような気がします。

 

・聖闘士星矢シリーズ


機種名:CR聖闘士星矢-青銅-
導入日:2011年9月
メーカー:三洋

大当たり確率 1/390.089(1/39.009)
確変突入率 80%
確変継続率 80%
賞球数 3&10&14
出玉性能 約590個~約1,360個

 
※確変は次回まで。潜伏確変有り。

 

黄金と青銅が同時期に出ていましたが、主人公が青銅聖闘士なのでこちらを選びました。
初当たりの半分で15R確変になっています。
確か原作と同じ組み合わせなら確変中のバトル勝率上がるんですよね。

 

これを打って聖闘士星矢のマンガを全て読みました。
当時はハマリにハマって出玉度外視で回してましたね…。(当然マイナス)

 

マンガは1986年~1990年まで連載、全28巻となっています。
車田先生は他にも作品を描いていて、リングにかけろが馴染み深いでしょうか。
必ず顔から落下する通称車田落ちは、しっかりパチンコでも再現されています。

 

そして2011年に出ていた他の台は

・CRサムライチャンプルー2
・CR GI DREAM.SX
・CRフィーバーマクロスフロンティア お前達が俺の翼だ!
・CRリング 呪いの7日間FPF

などですね。この頃はバチバチに打っていたので懐かしいです。
マクロスFは神台でしたね!特にライトスペックが楽しかった記憶があります!

 

・地獄先生ぬ〜べ〜


機種名:CR機種名:CR地獄先生ぬ〜べ〜
導入日:2014年12月
メーカー:藤商事

大当たり確率 1/268(1/58)
確変突入率 100%(ST機)
確変継続率 70%
賞球数 3&10&14
出玉性能 約1512個

※初回のみ潜伏確変有り。

 

ヘソの30%の潜伏確変以外は全て12R確変です。
分母がやや重い分、出玉は安定して多い模様。

 

30%の潜伏ループをした場合がやばそうですね。
悪い30%なら連続で引ける妖怪になる未来が見えます見えます…。

 

マンガは1993年~1999年まで連載、全31巻となっています。
アニメ、OVA、映画と展開した文句無しの人気作品ですね。知ってる方も多いはず。
私は、どう考えても小学生じゃないスタイルの女の子が好きです。(汚れた大人目線)

 

そして、2014年に出ていた他の台は

・CR交響詩篇エウレカセブン~真の約束の地~
・CR緋弾のアリアFPL
・CR 咲-Saki-XLC
・CR牙狼金色になれXX

などです。ここまで来ると覚えているものばかりですね。
緋弾のアリアはここが始まりで、そう考えるともう7年かと感じてしまいます。

週刊少年ジャンプ パチンコタイアップまとめ

いかがだったでしょうか?懐かしさを感じられれば何よりです。

 

遊戯人口が右肩下がりな昨今、新台を出すのも大変だと思います。
そんな中で、常に新しいことを模索しながら開発するメーカーさんはすごいですね。

 

しかし、最近のデータカウンターすら見えない台枠は止めて欲しいです。
販売時に少しでも高く売りたいからだとは思いますが、単純に邪魔なんですよね…。

 

現在は高い継続率で出玉速度が速い台が流行ですが、いつまで続くのでしょうか?
私は70%くらいでいいので、1度の出玉がそれなりの台が増えると嬉しいなと思います。

 

それでは、今回はこの辺りで失礼します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。