パチ&スロ小ネタ

週刊少年ジャンプでスロット台になった作品は?タイアップ機種一覧まとめ!

ジャンプは昔に連載してたプリティーフェイスって漫画が好きでした。

 

こんにちは。先日はパチンコのジャンプタイアップ機について調べました。
となれば、次にやることはもう決まってますね…?

 

週刊少年ジャンプ作品のスロット台について調べてみます!

 

どのくらいあるんでしょうか。
パチンコが大量にあったので、パチスロも同じ程度はあると予想します。

 

それでは、早速見ていきましょう。

週刊少年ジャンプ パチスロタイアップ作品一覧

過去にパチスロでタイアップしたジャンプ作品がこちらになります。

・コブラ2
・キャッツアイ
・ブラックエンジェルズ2
・北斗の拳
・ど根性ガエル
・リングにかけろ
・魁!男塾
・アストロ球団
・侍ジャイアンツ
・ストップ!!ひばりくん!
・シティーハンター
・キン肉マン
・天地を喰らう
・みどりのマキバオー
・ろくでなしBLUES
・ウイングマン
・聖闘士星矢
・花の慶次
・BASTARD!!
・まじかる☆タルるートくん
・サイバーブルー
・マジンガーZ

以上になります。思ったよりもありませんでしたね。

 

というのも、結構な数が【ヤング】系の方なんですよね。
パチンコより少ないのは、スロット機の開発の方が大変だからでしょうか?

 

それでもパチンコと同じく、人気機種がずらっと並んでいます。
パチンコで強い機種はスロットでも強いと言ったところでしょうか。

 

シリーズが長い機種ランキング上位はこちらになります。

ジャンプ作品名 シリーズ数
北斗の拳 14台
花の慶次 6台
聖闘士星矢 5台
リングにかけろ 4台
キン肉マン 4台
キャッツアイ 4台

 

北斗の拳がダントツですね。
パチスロは年々厳しくなっているので、何とか頑張って欲しいです。
麻雀2くらいの頃のキャッツアイはよく打っていました。

 

次に何台かピックアップして行きたいのですが、パチンコと上位が被っています。
そこで今回は、次点で同率につけた

・リングにかけろ
・キン肉マン
・キャッツアイ

を取り上げたいと思います。

 

それでは見ていきましょう。

週刊少年ジャンプ タイアップ機種Pick Up!

・リングにかけろシリーズ


機種名:パチスロ リングにかけろ1
導入日:2007年3月
メーカー:銀座(サミー)

BIG合算 REG合算 ボーナス合算 機械割
設定1 1/461.5 1/1008.2 1/316.6 95.0%
設定2 1/431.2 1/949.8 1/296.5 97.6%
設定3 1/409.6 1/897.7 1/281.3 100.0%
設定4 1/372.4 1/771.0 1/251.1 104.8%
設定5  1/337.8 1/675.6 1/225.2 109.7%
設定6 1/300.6 1/624.1 1/202.9 115.9%

・BIG約312枚
・REG約104枚
・RT純増0.3枚

 

RTはボーナスの種類に関係なく100Gか200G付くらしいです。
それで設定6の合算だったりすると、とんでもなく出そうな台ですね。

因みに、フル攻略想定で設定6は機械割119.9%らしいです。すごい。

 

初代リンかけは良かったって声をよく聞きますが、納得のスペックですね。
こんな台がホールにあったら、朝から取り合いになりそうですね。

 

マンガは1977年~1981年まで連載、全25巻となっています。
最初は現実的な正統派ボクシングマンガでしたが、途中から路線変更。
常人離れした展開が大当たりし、当時のジャンプの大黒柱だったようです。

 

因みに、2007年に出ていた他の台は

・パチスロ シティーハンター
・リオパラダイス
・機動警察パトレイバー
・シェイクⅡ

などなど。名機と名高いリオパラはここなんですね。
他にもエヴァのまご君など、カレンダーを見た感じ豊作な年のようでした。

 

・キン肉マンシリーズ

機種名:パチスロキン肉マン
導入日:2008年3月
メーカー:山佐

7揃いREG ゴングREG REG合算 機械割
設定1 1/364.1 1/112.2 1/85.7 97.0%
設定2 1/346.7 1/112.2 1/84.7 99.0%
設定3 1/331.0 1/112.2 1/83.8 101.0%
設定4 1/316.6 1/112.2 1/82.8 104.0%
設定5 1/303.4 1/112.2 1/81.9 109.0%
設定6 1/291.3 1/112.2 1/81.0 115.0%

REG約49枚
ART純増約1.1枚

軽いREGからARTを掴んで伸ばすタイプですね。
ARTはボーナス入賞まで終わらないのでハマるほどチャンスです。

 

懐かしの4thリールがある台ですね、画像見えるかな。
この台では、ART中にREGとは別の入賞させちゃダメなボーナスを外す時に活躍します。
最後に4thリールを見たのは鉄拳でしょうか。(神Ver)

 

マンガは1979年~1987年まで連載、その後の2011年から再び連載始動。
2021年1月時点で71巻まで出ています。

作中の超人や怪人は、読者募集していたんですね。
投稿は開始2か月で16万通を超えたらしく、その凄まじい人気ぶりが窺えます。

 

そして、2008年にホールへ導入された他の台は

・島育ち
・パチスロ桃太郎電鉄
・爺サマー
・ハイサイ蝶特急

などです。桃鉄は見たことないですね。
ハイサイ蝶特急はファンが多いと聞きましたが、皆さんはどうでしたか?

 

・キャッツアイシリーズ


機種名:キャッツアイ
導入日:2000年11月
メーカー:サミー

BIG確率 REG確率 機械割
設定1 1/399.6 1/873.8 96.2%
設定2 1/372.4 1/840.2 99.3%
設定3 1/346.8 1/840.2 102.4%
設定4 1/326.0 1/799.2 105.4%
設定5 1/290.0 1/753.3 111.4%
設定6 1/238.3 1/655.4 122.8%

純増約1.0枚のAR機。(当時のARTの呼び名)

 

ARってなんだ?と調べたらARTのことだったんですね。
BIGの約1/2で突入し、1000G以上の振り分けもあるとかなんとか…。
機械割122%は伊達じゃなさそうです。

 

調べていると、凄まじい解析をされている方がいらっしゃいました。
約20年経っても愛されるスロット機とは恐れ入ります。

 

マンガは1981年~1984年まで連載、全18巻となっています。
アニメ、ドラマ、実写映画と製作されており、実写との相性の良さが分かりますね。
海外でも人気があり、特にフランスでは歓迎されているらしいです。

 

そして2000年に出ていた他の台は

・ガメラ
・タイムクロスA
・リアルボルテージ2
・ドンちゃん2

などになります。ガメラの設定6が151.6%って破格ですね…。
業界としては、この1年前に出た大花火がこの年もホールを牽引していたようです。

週刊少年ジャンプ パチスロタイアップまとめ

いかがだったでしょうか?打った記憶のある台はありましたか?

 

話だけしか聞いたことがありませんが、スペックが荒い時代ですよね。
その分、怖いお客さんとか店員がパンチパーマとかって話も聞いたりします。

 

スロット機の環境を見ると、まだまだ手探り感がありますね。
今ならルパンの108%とガメラの151%は同時稼働しなそうなイメージです。
機械割の上限ルールとか無かったんでしょうか?

 

今でこそスマホ1つで情報が全て入手できますが、当時はそうも行きませんよね。
少ない情報源で立ち回っていた方々は本当の意味でパチプロだったんでしょう。

 

それでは、今回はこの辺りで。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。