パチ&スロ小ネタ

パチンコ牙狼の新台が導入!気になる遊タイムやスペック、ボーダーを調査!

競馬が好きなのですが、100円が2000万になったら失神しそうです。

 

こんにちは。今回は話題沸騰中!初代が帰ってきたなんて言われてますこちら

 

P牙狼MAXX(P牙狼 月虹ノ旅人)
(読み方はエムエーダブルエックスげっこうのたびびとです!)

メーカーさんはサンセイR&Dさん。
導入台数は約30,000台で、導入日は2021/04/19を予定しています。

 

前評判が凄いことになってますね。キーワードは【全超越】。
噂では30,000台が完売し、足りなくなっているとかなんとか。

 

今回はそんな新牙狼を調べてみました!早速見てみましょう!

P牙狼MAXX 機種スペック

P牙狼MAXXの機種スペックは以下になります。

大当たり確率 1/319.7(1/1.08)
魔戒CHANCE突入率 50%
魔戒CHANCE継続率 81%
賞球数 3&1&5
出玉性能 450個・1500個
ラウンド・カウント 3R・10R/10C
遊タイム 低確率950回消化で時短200回
ラウンド+出玉 次回 振り分け
特図1 3R+450個
3R+450個
魔戒CHANCE
通常
50%
50%
特図2 10R+1,500個
10R+1,500個
魔戒CHANCE継続
通常
81%
19%

※一種二種混合機です。

初代にかなり近いスペックになっています。
魔戒CHANCEは通常を引いても出玉が1,500発あるのが強いですね!

 

遊タイムは魔戒CHANCE突入確定で時短200回となります。
確率が1/1.08なのでスルーは無いと考えて大丈夫そうです。

 

右打ちは81%継続で、なんと時速45,000発らしいです!
1時間に30連の計算ですね。時給18万円のお仕事ですよ!!!

 

個人的にはSTではない牙狼って時点でかなり期待しています。
特図1の出玉数はもう割り切って、魔戒CHANCEを早く体験してみたいです。

 

それでは次に演出などを見てみましょう。

P牙狼MAXX 演出やゲーム性

通常時

1/319.7を引ければ大当たり。
そこから魔戒CHANCEに50%で突入します。

白図柄当たり…魔戒CHANCE確定。
青図柄当たり…3R当たりの消化中に当落のジャッジ。

遊タイムは低確率時に950回消化で魔戒CHANCE突入。
突入時は【特】と書かれた保留が出現するので、確認したら止めましょう。

魔戒CHANCE

魔戒CHANCE中は1/1.08で大当たりします。
3カウントで当たるそうなので、かなり展開が早いことが予想されます。

 

1/1.08なので稀に当選しない場合があります。
その際は約20秒ほど演出が展開し、抽選のやり直しとなります。

 

魔戒CHANCEは81%で約1,500発がループ
ラウンド消化中は3つの選択肢があり、対応した演出で継続ジャッジをします。

 

・鋼牙を選んだ場合

初代の牙狼と同じく3つのゲートから選択します。
ホラーバトルで敗北しなければ継続、キバオウガはピンチとなります。

 

継続確定演出

・エンブレム完成
・先制攻撃
・お助けキャラ参戦
・合体技攻撃
・ホラーの技を回避

 

・雷牙を選んだ場合

V入賞演出からスタートします。
最終的にボスホラーを撃破することで継続となります。

 

継続確定演出

・エンブレム完成
・お助けキャラ参戦
・連打演出で+77出現

 

・大河を選んだ場合

雷牙と同じくV入賞演出からスタート。
制限時間内に、大河が開眼すれば継続確定となります。

 

継続確定演出は現時点で不明です。
大河の開眼までの制限時間が多いほどチャンスアップのようです。

以上が現時点での情報となります。
初代の演出を用意しているところで、初代への意識が感じられますね。

 

魔戒CHANCE中の演出はバランス良いですね。
定番、連打、一撃って感じで打ち手の好みに対応しています。

 

とりあえず鋼牙を打ち倒そうと思っていますが、ゲートが全て同じで継続とかも継承されてるんでしょうか?楽しみです。

 

次は、出玉に関する考察などをしていきます。

P牙狼MAXX 考察やボーダーについて

まず一番に気になるのは初代との比較ですね。
こちらは現行の総量規制の中で、限りなく再現されています。

初代牙狼 P牙狼MAXX
大当たり確率 1/397.2 1/319.7
魔戒C 突入率 50% 50%
魔戒C 継続率 82% 81%
初当たり出玉 1,890個 450個
魔戒C 出玉 1,890個 1,500個
出玉速度 約20,000個~25,000個 約45,000個
遊タイム 無し 有り

このようになります。
初回出玉は規制の関係があるので、もう仕方ないですね。

 

なんでも、かなり総量規制を攻めたスペックの模様。
継続率を1%上げるか、出玉を100発落とすかのレベルだったらしいです。

 

1.継続率82%・出玉1,400発
2.継続率81%・出玉1,500発

皆さんはどちらが良いですか?私は今回のスペックが見栄えすると思います。

 

また、平均出玉と等価ボーダーの比較ですがこちらも以下のようになります。

初代牙狼 P牙狼MAXX
平均出玉 約9,440個 約8,310個
ボーダー 約15.6 約17.8~18.2

これは環境の違いですね。
初当たりで1440個、右当たり1回毎に390個の差が付いちゃいますからね。
※出玉計算なので、実質差玉はもう少し減少します。

 

しかし、現在のホールの王である源さんはどうでしょう。
源さんは時速で約36,000個と言われていますので、時速で約45,000個の牙狼MAXXは、源さんよりも破壊力があることになります。

 

後は通常時の演出がだれないかどうかなどですが、ここまで気合の入っている陣営がそこで手を抜くわけないと私は信じています。

P牙狼MAXX まとめ

いかがだったでしょうか?今からとても楽しみですね。

 

スペックは現行機種で間違いなく一番になると思います。
それが牙狼だというのですから、期待しない訳にはいきませんね。

 

春になるとCM自粛が解禁されるらしく、その準備も万端のようです。
何から何まで気合入っていますから、ホールさんも同じく気合入れて欲しいですね。

 

初代は確かチャンスダウンで当たり濃厚とかありましたよね。(タイプラ魔獣→勝機など)
そういう細かいネタをまた仕込んでくれていると、大変嬉しく思います。

 

それでは、今回はこの辺りで失礼します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。